「専修学校」は、昭和51年に学校教育法の中に「専修学校制度」が新たに設けられて生まれました。従来「学校教育に類する教育」を行う「各種学校」がありましたが、そのうち一定の規模と水準を持ち、組織的な教育を行うものが「専修学校」と位置付けられました。




専修学校・各種学校は、短大や大学と異なり、各学校が独自のカリキュラム編成を行っております。専門的な知識や技能を効率よく修得させるための実技や実習にウェートが置かれたカリキュラムが準備されています。

専修学校・各種学校における指導スタッフは、それぞれの分野において専門的な知識と技能を有するベテランです。様々なケースを想定した実習やケーススタディ主体の少人数制授業により、実務に対応できる生きた情報や知識を吸収するのです。



「専修学校は」、昭和51年に学校教育法の中で「専修学校制度」が新たに設けられて生まれました。従来「学校教育に類する教育」を行う「各種学校」がありましたが、そのうち一定の規模と水準を持ち、組織的な教育を行うものが「専修学校」と位置付けられました。中学校→高等学校→短大・大学という従来の学校教育制度に対して、もうひとつの流れを作った専修学校・各種学校制度及び専修学校と各種学校の違いを示すと下図になります。








専修学校・各種学校は、教育内容や教育条件について、一定の基準を満たした場合にのみ都道府県知事の認可を受けて設置することができます。知事の認可を受けていない「無認可校」は、「専修学校」や「専門学校」などと名乗ることはできませんが、認可校と混同するような名称が使われることがあるので注意が必要です。

無認可校はここがダメ!
○学割が発行されません。
○日本育英会の奨学金の対象になりません。
○国家資格等、資格に関して専修学校に与えられている特典はいっさいありません。
○専門士の称号は与えられません。