専修学校のカリキュラムはそれぞれの学校の教育方針に基づき独自に編成されています。このため同じ分野・学科であっても学校ごとに教育内容は千差万別です。下記の各ポイントをふまえて慎重に選択を行ってください。



専修学校に類似した教育機関に注意しよう。国の定める一定基準をクリアしている学校のみが認可校と呼ばれ、それ以外の学校では専門士の称号の付与や奨学金制度の利用、学割の適用などの特典は受けられないのです。名称も紛らわしい場合がありますので要注意。



専修学校では非常に密度の濃い授業が行われますが、カリキュラムと指導にあたる講師陣の充実度によって実力に大きな差が出てきます。まず数校の学校案内を取り寄せてカリキュラムを比較してみよう。できれば、ある程度専門分野に通じた人に学校案内を見てもらうとベターです。



学生数に対して、最新の施設・設備が十分な数だけ備えられてあるかどうかも重要なチェックポイント。学校見学や一日体験入学などのチャンスを利用し、実際に自分の目で確かめてみると良いでしょう。



就職に活かす知識や技術を身につけるために専修学校に行くのだから、就職指導や実績は気になるところ。どの専修学校でも就職指導には力を入れていますが、指導方針はそれぞれの学校によって異なり、斡旋する企業や就職にしても各学校ごとに特色があります。卒業生の就職状況もチェックしておこう。



自分の取りたい資格が取れる学校であるか、また他にどんな資格の受験が可能であるかも調べておこう。



学費については、教育内容や施設・設備の整備状況の差異に注意しながら、複数の学校を比較検討すると良いでしょう。入学案内にのっていない経費が必要かどうか、学校に寮があるかどうかも確認しておきたい。



どんなに魅力的な学校であっても、通学の便の良さは重要なポイントとなります。天気や気温に関係なく毎日通う学校なのだから、きちんとチェック。学校見学をかねて実際に行ってみることをおススメします。その時は家族に送ってもらったりせず、通学を想定した交通機関を利用して行ってみてください。



進学する学校はなるべく多くの人の意見を聞いて決定することが大切です。資料を読んで、ついその学校や仕事に憧れてしまい、回りが見えなくなってしまうことがあります。家族や学校の先生、先輩などの意見も聞いて客観的に判断しましょう。もちろん最後は自分で決めることですが、あせらずじっくり検討してください。